« 1988 elf5 #4 ロン・ハスラム Ron Haslam | トップページ | 1992 YZR500(OWE0) #1 ウェイン・レイニー »

2011年2月15日 (火)

2010 CBR600RR #30 山口辰也

画像は 2010年 全日本ロードレース選手権 第1戦 筑波 より

01

山口辰也34才のシーズン

2010年シーズンは世界挑戦を見据えて、モリワキクラブから全日本ロードレースST600クラスに参戦。
昨年まではレースでお金を貰っていた契約ライダーだったが、2010年は支援してくれるスポンサーを探しながらのプライベーター、自費でのレース参戦となった。

レースやテストがある度に多くの仲間達が手弁当で参加し、彼をサポートした。

立ち上がりでスリップ付いても、シフトをあげる度に離される
トップスピードに勝るライバルメーカーのマシン・・
ピレリタイヤ、カヤバサスペンション、そして己の持てる技術を最大限に駆使し、コーナーで抜き返した。

シーズン途中からST600とJ-GP2のダブルエントリー、
走行時間が倍になり、マシンのセットアップを進められた。
セットアップが順調に進んだ溝ツキのST600マシンでスリックタイヤを使用するJ-GP2マシンを凌駕した。

2010年9月には世界選手権でモリワキのMOTO2マシンを駆るチームグレシーニのライダーが負傷欠場、この穴を埋める為に山口辰也が急遽エントリー。
山口にとって念願の世界選手権、イタリアGPにスポット参戦を果たす。
わずかな時間でチーム、マシン、サーキット、サス、タイヤに慣れなければならなかった。
決勝ではレース序盤でのコースアウトもあり、思うような結果を残す事が出来なかった。
そして今までも何度も乗り越えてきた・・戦友、富沢祥也との辛い別れにも向き合わなければならなかった。

世界挑戦の後の全日本・岡山 山口辰也 ST600クラス今季初優勝。
そしてシーズン前に予告した2010年全日本ST600クラスチャンピオンを獲得する。

シーズン終了後、2010年山口辰也が駆ったこの2台のマシンはセッティングデータ付きで売りに出された。

Img_2114

Img_2178

Img_2325

Img_2448 

Img_2466

Img_2467

Img_2468

Img_2470

Img_2483

Img_2503

Img_2504

Img_2599

Img_2654

 

  Img_000632                      オク画伯提供

 

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 

 

80年代以降のモーターサイクルレーサーの画像を中心に集めてみました。

"Motorcycle racers Photograph album"

 

 

_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 

 

 

« 1988 elf5 #4 ロン・ハスラム Ron Haslam | トップページ | 1992 YZR500(OWE0) #1 ウェイン・レイニー »

600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561024/50882392

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 CBR600RR #30 山口辰也:

« 1988 elf5 #4 ロン・ハスラム Ron Haslam | トップページ | 1992 YZR500(OWE0) #1 ウェイン・レイニー »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ