« 2006 YZR-M1(OWR3) #46 バレンティーノ・ロッシ | トップページ | 1997 YZR500(0WH0) #5 阿部典史 »

2011年12月 4日 (日)

1984 NSR500 #1 フレディ・スペンサー

Freddie Spencer

 

01_1984_nsr500_freddie_spencer

 

 

Hondaは1983年、フレディ・スペンサーによってロードレース世界選手権のタイトルを獲得したもの、ライバル達も一段と開発が進み、軽量化だけでは補えない3気筒エンジンの出力的な限界が近付いていた。
そのため、NS500の軽快さを維持した4気筒マシンの開発が開始された。

急ピッチで開発された初期型NSR500が披露されたのは、1984年のロードレース世界選手権開幕戦であった。
軽量・コンパクト化を狙いクランクシャフトが1本化されたが、それ以上に衝撃的だったのがマス集中と低重心化で操案性の向上を狙ったHondaらしい斬新な車体レイアウトだった。
エンジン下部に重たいガソリンタンクを配置し、4本のチャンバーは通常のガソリンタンクのある位置に収められた。
御覧のような上下逆さまになった車体になった車体レイアウトである。

 

48_1984_nsr500_freddie_spencer

 

開幕戦こそリタイアとなったが、第2戦イタリアGPで早くも優勝を飾った。
軽快さとエンジンパワーを同時に手に入れたNSR500であったが、その特異なレイアウトによる熱害と、レース序盤と終盤でのガソリン残量変化によりマシンの操案性に大きな違いが出るなど、シリーズチャンピオンを争うマシンとしては更なる熟成が必要だった。

 

 

 

 

03_1984_nsr500_freddie_spencer

 

エンジン種類 水冷2サイクルV型4気筒ケースリードバルブ
排気量 499cm3
最高出力 over 140PS
最大トルク 8.54kgm / 11,000rpm
サスペンション(前) テレスコピック
サスペンション(後) プロリンク

 

06_1984_nsr500_freddie_spencer

08_1984_nsr500_freddie_spencer

 

 

11_1984_nsr500_freddie_spencer

MotoGP特別企画展『RASHIN(裸身)』

 

 

13_1984_nsr500_freddie_spencer

14_1984_nsr500_freddie_spencer

18_1984_nsr500_freddie_spencer

21_1984_nsr500_freddie_spencer

24_1984_nsr500_freddie_spencer

27_1984_nsr500_freddie_spencer

30_1984_nsr500_freddie_spencer

33_1984_nsr500_freddie_spencer

36_1984_nsr500_freddie_spencer

42_1984_nsr500_freddie_spencer

45_1984_nsr500_freddie_spencer

51_1984_nsr500_freddie_spencer

54_1984_nsr500_freddie_spencer

57_1984_nsr500_freddie_spencer

60_1984_nsr500_freddie_spencer 63_1984_nsr500_freddie_spencer

66_1984_nsr500_freddie_spencer 69_1984_nsr500_freddie_spencer

72_1984_nsr500_freddie_spencer

75_1984_nsr500_freddie_spencer

78_1984_nsr500_freddie_spencer

 

 

柴田製作所”1984 NSR500”

Response"画像・1984年のWGPマシン NSR500…写真蔵"

モデルファクトリーヒロ-K171 NSR500 1984

ModelerGP 2010"1984 Honda NSR500"

YouTube"1984 500cc World Championship Part 4 "

楽天市場"1/12 オートバイシリーズ No.121 Honda NSR500 `84 タミヤ"

 

 

80_1984_nsr500_freddie_spencer

81_1984_nsr500_freddie_spencer

84_1984_nsr500_freddie_spencer

87_1984_nsr500_freddie_spencer

90_1984_nsr500_freddie_spencer

93_1984_nsr500_freddie_spencer

96_1984_nsr500_freddie_spencer

99_1984_nsr500_freddie_spencer

102_1984_nsr500_freddie_spencer

105_1984_nsr500_freddie_spencer

108_1984_nsr500_freddie_spencer

112_1984_nsr500_freddie_spencer

114_1984_nsr500_freddie_spencer

115_1984_nsr500_freddie_spencer

121_1984_nsr500_freddie_spencer

134_1984_nsr500_freddie_spencer

137_1984_nsr500_freddie_spencer

140_1984_nsr500_freddie_spencer

143_1984_nsr500_freddie_spencer

147_1984_nsr500_freddie_spencer

150_1984_nsr500_freddie_spencer

153_1984_nsr500_freddie_spencer

156_1984_nsr500_freddie_spencer

 

 

2011年7月2日ツインリンクもてぎでは、東日本大震災からの復活記念として、

Hondaの往年の名車によるデモンストレーション走行が実施されました。

YouTube"HONDA NSR500 1984 RS125R 1990 Demonstration run MOTEGI"

 

 

159_1984_nsr500_freddie_spencer

161_1984_nsr500_freddie_spencer

164_1984_nsr500_freddie_spencer

169_1984_nsr500_freddie_spencer

171_1984_nsr500_freddie_spencer

180_1984_nsr500_freddie_spencer

183_1984_nsr500_freddie_spencer

186_1984_nsr500_freddie_spencer

189_1984_nsr500_freddie_spencer

192_1984_nsr500_freddie_spencer

 

 

YouTube"Honda NSR500 [1984] - TRACTIONS MOVIE 22 "

YouTube"HONDA NSR500 1984 RS125R 1990 Demonstration run MOTEGI"

YouTube"HONDA NSR500 2011年6月22日走行確認テスト ツインリンクもてぎ1 "

YouTube"HONDA NSR500 2011年6月22日走行確認テスト ツインリンクもてぎ2 "

YouTube"Honda 1984 NSR500 WEB Mr. Bike "

YouTube"HONDA NSR500(1984) #1 F.Spencer / Honda Collection Hall "

YouTube"HONDA NSR5001984 irregular layout "

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お・ま・け・・

 

 

2012年12月8日、タミヤオフィシャルショップ「タミヤ プラモデルファクトリー新橋店」にて、1/12「Honda NSR500 '84」の発売に先駆けたスペシャルトークショーが開催されました。

403_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

Car Watch ”タミヤ、宮城光氏を迎えての「Honda NSR500 '84 トークショー」を12月8日開催”

(通常、レポートは”80'S BIKE”vol.3で紹介しておりますが、画像点数が多いので、文字制限のある”80'S BIKE”vol.3では紹介しきれないので、コチラで紹介させていただきます。)

 

 

 

94_miyagi

元ホンダワークスライダー、現在はモータージャナリストとホンダコレクションホールのメンテナンスライダー&ドライバーを兼任されておられます、宮城光さんを招いてのトークショーが行われました。 (画像はMATさん提供)

 

動画についてはタミヤの公式ページTAMIYA INC. 株式会社タミヤ か、★★TAMIYA LIVE で公開される予定だそうなので、そちらをご覧下さい。

 

 

 

 

201_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

新橋レンガ通りにタミヤ プラモデルファクトリー 新橋店があります。

新橋は職場から近いのですが、ココは初めて訪れました。

 

 

202_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

お店には模型雑誌に出てくるようなそれはそれは・・すんばらし~い・・ジオラマが普通に並んでおります。

こら退屈せんわ。。

203_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

すんごい生活感・・。万力あるし・・。

204_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

205_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

まぁ・・呑めや・・。

 

206_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

自分はを描くのですが、こういう人がいっぱいいる絵はモブシーンといって描く時、ゲロ吐きそうになるくらいたいへんな作業なんです。

それを模型でやっている・・ホントに尊敬に値します。。

 

207_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

208_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

新谷かおる先生の”戦場漫画シリーズ”に出てきたドイツ軍の急降下爆撃機だな。。

 

 

213_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

FIATカラーのM1、展示されておりました。

”モンスターエナジー”のステッカーまで忠実に再現されております。

214_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

ロッシもハングオン!

 

 

209_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

イベント会場にはホンダの歴代レーサーマシンがズラリと・・。

210_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

211_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

普通に並べられているので、眺める方も倒しやしないか・・気を使います。

212_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

過去にもレポートしましたが・・ホンダ&タミヤ・・

”日本の模型屋もここまでやるようになったか”

(下画像は2009年12月青山ホンダウェルカムプラザ・ホンダサンクスフェアより)

213_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

製作開始から8ケ月後、ついにHonda F1が完成しました。
記念すべき第1号は本田宗一郎さんに進呈しました。
本田さんはパーツを丹念に見てくださり、
「日本の模型屋も、ここまでやるようになったか」と褒めて下さいました。
本田さんご自身からお墨付きを頂ける、こんな名誉なことはありません。
「苦労した甲斐があった」と、スタッフ一同も大喜びでした。

しかし、ひとつ困った事が起きてしまいました。後日、Honda車内で
「企業秘密のかたまりのような我が社のF1が、あまりにも忠実に再現されているのは
おかしな事ではないのか」と、タミヤ1/12 F1の模型について、会議中の問題点となってしまった事です。

この会議の席でF1チームの代表監督である中村良夫さんが、こういわれました。
「車好きが設計した模型なんだから、これぐらいの事を正確に再現するのは
当たり前なんだよ。俺たちのマシンを模型にしてくれたんだから、いいじゃないか」
中村監督の一言で、スターターのバッテリーの所在位置や、不審と思われる正確な寸法を
得た方法についての懸念は、不問に付されたのです。

この話をHondaの関係者から聞かされたときは胸がいっぱいになりました。

画像小さいけど・・80's バイク ”祝ホンダWGP参戦50周年タミヤショー”

 

 

215_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

会場にはこんなイラストボードも・・。こりゃ観てて楽しい。

216_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

タミヤの1/12 オートバイシリーズって第一段はスクーターだったんですねぇ・・。

217_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

チェカのマシンが100作目か・・。

218_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

・・確かにカピアタックはゴメンだぁ・・。

219_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

またこのカラーリング、復活して欲しいよね。。

 

 

300_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

会場には発売前の新しいプラモデルの様々な資料が・・

301_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

複雑なタンクの形状もCGで作ったんだな・・。

302_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

303_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

なんでもないパーツのひとつひとつに製作された方々の想いがこもっています。

304_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

では~2012年12月22日発売

田宮模型”1/12 オートバイシリーズ No.121 Honda NSR500 '84”の画像をたっぷり(??)と。

305_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

306_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

307_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

308_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

309_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

310_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

311_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

312_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

313_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

314_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

315_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

316_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya 317_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

318_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

319_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

320_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

321_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

322_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

323_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

324_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

325_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

326_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

327_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

330_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

328_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

329_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

金属系のパーツはオプションで発売されるそうです。

 

331_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

会場のデスクの上ではスターティングライダーが寝てます・・。

332_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

ライダー3種類(スターティング・ストレート・ハングオン)が再販されるそうです。

価格は630円。昔は300エンか400エンくらいだった記憶が・・、まぁ昔は消費税はなかったしね。

再販して頂けるだけでも有難いと・・。メットやツナギ・ブーツを最近風に改造するのも楽しみのひとつカモ。

 

 

220_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

221_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

時間もせまり、会場には続々と人が集まってきました。

 

 

 

 

 

222_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

元”サル天の貴公子”、宮城光さん、登場。

 

223_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

12月の寒空なのに半ソデ寒くないですか??

ホンダ サンクスフェア2012の秋吉さん、中嶋さんじゃないけど、長袖の上にホ ンダシャツを着て欲しいナ・・と、風邪引くんじゃないかと・・。

 

224_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

宮城のアニキも子供の頃、プラモ屋にいりびたり、箱開けたりしてたそうです。

「プラモデルの設計図の最初に載ってる解説書って非常に勉強になりますよね~。」

 

 

225_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

会場ではホンダ2輪レーサーの歴史が紹介されます。グランプリに復帰したホンダ。

「ヒトがヤっているコトはヤりたくない!」

そんなホンダスピリッツが凝縮されたマシン、4st楕円ピストンエンジンのNR500。

 

226_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

勝てるマシンを目指して・・

それでも「ヒトがヤっているコトはヤりたくないっ!」

3気筒2stマシン、NS500。赤フレームは初期バージョンだそうです。

 

227_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

ケニーVSフレディーの伝説のバトルが繰り広げられた1983年型マシン。

最高速ではライバルYZR500遅れをとったが、低中速トルクがあり、コーナリング性能に優れたこのマシンはフレディーの手足となり、タイトルを獲得した。

翌1984年、ホンダは2st4気筒の新型マシン、NSR500をデビューさせるが、その革新的過ぎたモデルはサーキットによってはライバルメーカーの最新型マシンに遅れをとった。フレディーはHRC基地のあるベルギーより前年型NS500を引っ張り出させ、サーキットによっては前年型NS500で闘った。

 

228_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

今回、田宮模型よりプラモデル化されたモデル。

ホンダ初の2st4気筒グランプリマシン。

良くも悪くも「ヒトがヤっているコトはヤりたくないっっっ!!!」ホンダスピリッツの塊のようなマシン。

”重量物は下部に・・” 燃料タンクがエンジンの下にあったこのマシンはレース序盤は良いが、燃料が減ってくると重量バランスが変化し、そのハンドリングに影響を与えた。

両腕の真下に配置されたチャンバーの放熱がこのマシンの弱点のひとつで、ライダーを悩ませた。

高回転型のマシン、低中速重視のサーキットに対してはフレディーは前年型3気筒NS500を積極的に使用した。

 

229_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

フレディーが250&500のダブルタイトルを達成させた年のマシン。

走行後、息つく暇もなく性格の異なるマシンに跨り続けたフレディー・・

想像もつかないような孤高の世界がそこには存在したのだろう。

 

230_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

腕の故障でゼッケン1番のスペンサー獲得ポイントがなかった年、

ホンダのエースの世代交代を意味していた。

 

 

231_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

「絶対にコケられない仕事。

このマシンでウィリーする事が許されるのは当時、このマシンを操ったフレディーのみ。我々がこのマシンでウィリーすると、”明日から来なくていい。”と言われるだろう。」

言葉の詳細は異なっているがそんなニュアンスの話をされていた。

「F1でドーナツ・ターンを許されるのは当時、そのマシンを操っていた中嶋さんのみ。

中嶋さんがドーナツ・ターンをきめても誰も何も文句を言わないだろう。」

 

 

232_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

スペシャルゲストはこのマシンを模型化された代表の方。

お話はメカ音痴のワタクシにも分かり易く、楽しく拝聴させて頂きました。

(詳細は後ほどアップされるであろう動画見てね。)

 

233_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

 

234_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

写真では歪み・曲がり等あるので、遠方から望遠カメラで横面の写真を撮るそうです。

寸法見る為の物差しも必要との事。

 

235_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

「タンクは是非、ハズして下さい。」とお願いしたそうです。

想像を超える凹凸が広がっていた・・って感じでしょうネ。。

こんなタンク積んでハイサイド転倒、マシンが路面に叩きつけられたら、2度とタンクを車体に組む事出来ないでしょうね。

究極のワンオフタンク・・。

 

 

236_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

237_01_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

タンクの画像です。

 

237_02_01_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

なかなか見れない画像。

昔、バンデット400のハングオンシーンを再現する為(??)にひとりでバンデッド400傾けて抱えたけど、重かったよね~。ホンダの方がこのマシン抱えているんだけど、マシンはバンデット400より軽いはずなんだけど、別の意味で重いよね。。

 

237_02_02_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

これもなかなか見れない画像。

 

237_04_01_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

237_04_02_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

エンジン下部

 

237_05_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

気にしなければ、なんとなく組んじゃうパーツなんだけどね。

今回の1984NSR500のプラモデルは組立説明書にはラジエターは接着指示が出ているそうなんですが、ハメコミでもOKだそうです。是非、組んだりバラバラにしたり、完成した後も実車のようにいろいろなカタチで楽しんで下さい・・との事です。

 

 

238_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

239_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

燃料の流れ、下からチャンバー上部のサブタンクにくみあげ、下にさがるという流れだそうです。

 

240_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

チャンバー前にあるのが上部サブタンク

 

241_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

左右非対称なチャンバー

 

 

243_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

アッパーカウル上部エアーインテーク・・ん?どっかで見た事が・・。

 

244_1992_rvf750_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

1992年型RVF750

ガードナーが8耐で最後に勝ったマシンのアッパーカウルにも同様なエアーインテークが・・

VTR1000SPWにモデルチェンジするまでの数年間、ホンダの耐久レーサーには同様のエアーインテークが装備されておりました。

 

245_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

1984年型NSR500のエアーインテークはタンクに導入され

 

242_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

タンク後部の3つのスリットが出口となりました。チャンバー放熱対策用のエアーインテークだったんですね。

 

246_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

タンク裏側にも熱対策が・・

 

 

328_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

329_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

独特な形状のフレーム。こんなトコロにもホンダイズムが見る事が出来ます。

 

331_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

330_01_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

330_02_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

332_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

333_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

今回、タミヤさんではフロントフォークのオプションパーツも用意されているそうです。

 

334_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

カーボン仕様のコムスターホィールもあったそうです。

横からの力に弱く、縁石に当ててはいけないなどの制約の中で使用されたそうです。

 

335_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

立体面を再現する為、黄色いテープが貼られています。

 

336_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

337_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

 

340_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

歴代のホンダレーサーのフレームのプラモデルを並べた画像。

左から2番目がNS500のフレーム、左から3番目が84'NSR500のフレーム。

3気筒エンジンがいかにコンパクトか見る事が出来る。

一番右がMotoGPマシンRC211V、上部からみたフレームの大まかなカタチは84'NSR500より変わっていない。

フレームのフロント側が分厚くなっているのは倒立フォークの導入で、剛性を上げた為。

ステムの穴が大きくなっているのは剛性アップもあるが、アジャスター機能などが導入された為・・との事。

 

 

339_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

左一番下が84’NSR500のフレーム、個性的な形状を改めてみる事が出来る。

 

 

338_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

モデルを見ながら「こんなチャンバーの焼け色、シロウトにゃ再現デキネェや・・。」

な~んて思っていたんですが、今はこんな便利な製品もあるそうです。

素晴らしい!

開発したのは女性、なんですか・・?

 

 

341_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

 

342_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

宮城光さん、NS500のフレームを絶賛。

まず溶接跡が無茶苦茶、綺麗!見事な仕事!・・との事。

今度、コレクションホール行く時は是非覗きこんでみましょう。

フレーム形状も良く、御自身がアメリカで自転車を製作された時に参考にされた・・との事です。

 

344_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

イベントの最後は記念撮影。

 

345_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

よく勉強されていらっしゃる・・宮城さん、どんな質問にもスムーズにお答えされていました。

 

343_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

タミヤさん、この度は素晴らしいイベント有難うございました。

 

346_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

イベント終了後はプラモデルを見に集まる参加者の皆様方・・

 

400_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

カメラマン様がシブい写真を撮られていました。

 

402_1984_nsr500_2012_12_08_tamiya

レポートはこれでおしまいです。

タミヤさん、1989年式NSR500も是非、モデル化して下さいネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・も、ひとつ・・おまけ・・

おまけの出し方がアメ横みたいだな・・

 

 

P1300541

1987年フレディーメット。フレディーの名前は知っていたが、僕がグランプリを真面目に見だした頃はすでにフレディーはペテン師扱いされていた。

1992年、フレディーは現トリックスター代表、鶴田さんとペアを組み、赤いミスタードーナツカラーのホンダRVF750で鈴鹿8耐に挑戦してきた。その姿はペテン師でも嘘つきでもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4762

1981 NS750

 

 

IMG_4764

1982 CB750F

 

 

IMG_4766

1982 RS1000RW

 

 

P1300538

1982 NS500

 

 

IMG_4858 IMG_4857

IMG_4860_02 IMG_4860

IMG_4859 IMG_4859_05

P1300544

P1300544_02

P1300544_03

P1300544_03_01

P1300544_04

P1300544_043

P1300546

P1300546_05

P1300546_10

P1300558

P1300558_10

P1300558_20

P1300559

P1300560

1984 NSR500

画面が白くなっているのは非防水のカメラがもてぎの雨を吸っているからなんです。

立ち上げた時は何ともないんだけど・・稼働していくらか経つとカメラが熱を持ち、レンズが白く曇ってきます。。

いまでもけなげに動いているカメラに免じて許して下され。。

 

 

P1300539

1985 RS250RW

Motorcycle racers”1985 RS250RW #19 Freddie Spencer フレディ・スペンサー”

 

 

IMG_5570

IMG_5640

1985 NSR500

P1300653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年MotoGP ”GRAND PRIX OF JAPAN”Motegi IMG_4227

濃霧の影響で救護用ドクターヘリを飛ばす事を出来ず、走行が中止となった。

平日にも関わらず仕事等休みをとり”世界”を観ようともてぎサーキットに集まった多くのファンは行き場を無くし・・雨のサーキットを右往左往していた。

 

 

 

 

そんな状況の中で急に行われる事になったフレディーのトークイベント。

 

 

 

 

緊急の場内放送にも関わらずフレディーの姿を見ようと多くのファンがイベント広場に集まってきた。 IMG_4556

 

長旅で疲れているはずのフレディーは日本のファンとの再会を実に紳士的に喜んでくれた。

P1300218

P1300219

P1300225

P1300227

P1300228

P1300229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WGP500 関連画像 LINK

 

 

HONDA

 

HONDA NSR500の進化を画像で見る事が出来ます

 

2002 NSR500 Daijiro.Kato 加藤大治郎

2001 NSR500 Valentino Rossi バレンティーノ・ロッシ

1999 NSR500V Sete Gibernau セテ・ジベルナウ

1987 NSR500 Michael Doohan マイケル・ドゥーハン

1995 NSR500 Michael Doohan ミック・ドゥーハン

1989 NSR500 Eddie Lawson エディー・ローソン

1988 NSR500 Wayne Gardner ワイン・ガードナー

1988 elf5 Ron Haslam ロン・ハスラム

1984 NSR500 Freddie Spencser フレディー・スペンサー

1984 NS500 Freddie Spencser フレディー・スペンサー

1982 NS500 Freddie Spencser フレディー・スペンサー

 

 

 

 

 

YAMAHA

 

YZR500の進化を画像で見る事が出来ます

 

2002 YAMAHA YZR500 (OWL9) Norick Abe 阿部典史

2001 YAMAHA YZR500 (OWL6) Max Biaggi マックス・ビアッジ

1997 YAMAHA YZR500(0WH0)Norick Abe 阿部典史

1996 YAMAHA YZR500 (OWJ1) Norick Abe 阿部典史

1995 YAMAHA YZR500 (OWF9) Norick Abe 阿部典史

1993 YAMAHA YZR500(OWF2) Wayne Rainey ウェイン・レイニー

1992 YAMAHA YZR500(OWE0) Wayne Rainey ウェイン・レイニー

1988 YAMAHA YZR500(OW98) Eddie Lawson エディー・ローソン

1986 YZR500(OW81)Eddie Lawson エディー・ローソン

1984 YAMAHA YZR500 (OW76) Tadahiko Taira 平忠彦

1983 YAMAHA YZR500(OW70) Kenny Roberts ケニー・ロバーツ

 

 

 

 

 

SUZUKI

 

1988 RGV-γ500 ケビン・シュワンツ Kevin Schwantz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレディ・スペンサー 関連画像

1985 RS250RW Freddie Spencser フレディー・スペンサー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________________ ____________________

 

 

 

80年代以降のモーターサイクルレーサーの画像を年代ごとに 並べてみました。

 

8901 (150x114) 1992 (150x113) 8834 (150x110) zx_rr (150x110)

"Motorcycle racers" Photograph album

 

 

 

_________________________________________________________ ____________________

 

 

 

 

« 2006 YZR-M1(OWR3) #46 バレンティーノ・ロッシ | トップページ | 1997 YZR500(0WH0) #5 阿部典史 »

500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561024/53400066

この記事へのトラックバック一覧です: 1984 NSR500 #1 フレディ・スペンサー:

« 2006 YZR-M1(OWR3) #46 バレンティーノ・ロッシ | トップページ | 1997 YZR500(0WH0) #5 阿部典史 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ