« 2012 ZX-10R #01 芹沢 太麻樹 | トップページ | 2010 YZR-M1(OWS9) #46 バレンティーノ・ロッシ »

2012年6月27日 (水)

2004 CBR1000RRW #7 宇川徹/井筒仁康

01_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu 02_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

 

 

2004 Suzuka 8hours World Endurance Championship Race

SEVENSTAR HONDA RACING TEAM
CBR1000RRW #7
Tohru Ukawa / Hitoyasu Izutsu

 

 

05_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

08_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

11_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

14_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

17_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

20_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

23_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

26_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

29_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu 32_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

 

 

 

 

”井筒仁康のハチタイ”

 

 

1998年 カワサキワークスに加入。
鈴鹿8耐はニール・ホジソンと組んで7位獲得。

 

 

 

 

1999年 鈴鹿8耐、ペアライダーは同じカワサキのトップライダー柳川明。

レース中に雨が落ちてきた。
スクリーンに雨粒が流れる。
前後レインに交換し、ピットアウト。
気ままな天候、雨は小ぶりになり路面はあっという間に乾いてゆく、
ペースが上げられない・・。
すぐにピットイン、フロントをカットスリックに交換。
その後、もう一度、ピットインしリアもカットスリックに交換。
このドタバタの間に順位を落としてしまう。

雨で狂った歯車、チームは柳川を3周余分に走らせたが、これが裏目に出てしまう。
バックストレートで痛恨のガス欠。
惰性でピットには戻れたものの狂った歯車は戻る事はなかった。

それでも暗闇の中、ハイアベレージの走りで夏の鈴鹿を湧かせる井筒仁康。
前を走る2位スライトを貧差まで迫ったが、タイヤが先に悲鳴をあげた。

柳川・井筒ペア、3位表彰台に登った。
・・しかし、表彰台は優勝者達のモノだった。
勝てる体制で迎えた8耐、井筒仁康の初表彰台は喜びよりも悔しさを噛みしめる場となった。

 

 

 

 

2000年 鈴鹿8耐 

ライバルのホンダが新型VTR-SPRを投入、グランプリのスーパースター・バレンティーノ・ロッシが初めて8耐にやってきたのもこの年だ。

この年の井筒は勢いがあった。
スーパーバイク世界選手権・日本ラウンドで2連勝、全日本でも3連勝。
”2位、3位はもういらない。絶対に勝つんだ。”井筒、決意の8耐を迎えた。

序盤、トップ争いを展開。
トップで柳川にバトンを渡した井筒、しかしバレンティーノ・ロッシが相棒・柳川明に牙を剥く。
周回遅れを上手く利用したロッシは柳川をパス。
しかし、鈴鹿の女神はロッシに微笑まなかった。
ロッシはヘアピンで痛恨の転倒、マシンは修復されたが、優勝争いからは脱落。

130Rのクラッシュでペースカーの導入・レース中断、トップ柳川・井筒のカワサキペアのアドバンテージは無くなってしまった。

キャビンホンダの宇川がレース再開直後、トップ柳川を抜き去る。
ライダー交代後、グランプリライダー加藤大治郎と抜きつ抜かれつつのバトルを展開する井筒仁康。

ライダー交代後、トップ宇川に30秒の差をつけられる柳川。

井筒仁康、ピットで叫ぶ。
”いらん! もう2位はいらん!”

上を追いかけるしかない。
もう勝負するしかなかった。

逃げる大治郎。
アストロビジョンに土煙の中に埋まるライムグリーンのマシンが映し出された。
S字の二つ目、天を見上げる井筒・・
コース脇、汗だくでマシンを押す井筒、しかしマシンが2度と息を吹き返す事はなかった。

 

 

 

 

 

2001年 鈴鹿8耐

3人体制が初めて認められた8耐、しかし、井筒仁康は再再度、柳川と組んで2人体制で望んだ8耐。
スズキの梁 、ホンダのロッシ、そしてカワサキの柳川がトップ争い。
世界グランプリのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ、スーパーバイク世界選手権のトップライダー、コーリン・エドワーズ組が徐々に逃げてゆく。

ペアライダー柳川が5位走行中に周回遅れに絡み転倒。
優勝争いから脱落してしまう。

カワサキレーシング10位まで挽回し、鈴鹿を沸かせるが、井筒転倒。
マシンを修復して再スタートするが、井筒2度目の転倒、21位でゴールした。

 

 

 

 

2002年 鈴鹿8耐

この年、井筒は鈴鹿8時間耐久には参戦せず、解説席でハチタイを盛り上げていた。

 

 

 

 

2003年 鈴鹿8耐

ハチタイに勝つためには・・もう、ホンダしかない・・決意のホンダ移籍。
悲願のハチタイ制覇、人一倍勝利にこだわっていた井筒の選択だった。
追う立場から追われる立場、”絶対に勝たなければならないハチタイ”。

スタート直後の2周目の1コーナーで多重クラッシュが発生。
再スタート後、ペアライダーの宇川が独走状態にもちこむ。

スタート直後の多重クラッシュでセブンスター11号車、清成・ヘイデン組はリタイア。
残ったセブンスターセブンが負ける訳にはいかない。
しかし、オフィシャルの予期せぬブラックボードに井筒の集中力が一瞬切れた。
セブンスター7号車、ヘアピンで周回遅れに接触、転倒した。

傷付いたマシンを起こし、再スタート。
裏のバックストーレートを走行しながら、井筒は自らを責め続けてていた。
”一番やってはいけない事をやってしまった・・。”

ピットに戻り、修復、しかし再度ピットイン。
メカにエンジンに不調を訴える井筒、ゼッケン7が再び走りだす事はなかった。

この年の井筒は”引退”の2文字が脳裏に浮かんでは何度もかき消していた。

”オレは今のままじゃ終われない。”

 

 

 

 

2004年 鈴鹿8耐

この年、ホンダはCBR1000RRをデビューさせた。
このマシンの開発を担当したのは井筒仁康だ。
ホンダ新型直4マシンをデビューウィンに導く、井筒に課された使命だった。

レース序盤、相棒の宇川が独走態勢にもちこむ。
レース前、井筒は相方・宇川に今回のハチタイに対する自らの”想い”を伝えていた。
宇川はそんな井筒の”想い”も背負って走行していた。

9周目、セブンスター11号車鎌田・清成組が転倒リタイア。
昨年のようにセブンスター・ホンダが2台ともいなくなるという事態は許されなかった。

相棒・宇川からトップでバトンを受けた井筒仁康。
夢にまで見た勝利をこの手にする為・・意地をかけた男の闘いが始まった。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

37_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

37_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

40_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

43_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

46_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

49_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

52_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

 

 

 

 

2004 HONDA CBR1000RRW

エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒
総排気量  998cm3
重量    165kg以上  

 

2004年世界耐久選手権シリーズ第5戦・鈴鹿8時間耐久レースに参戦。
コース上で転倒が続く波乱の展開の中、終始安定した走りをみせた宇川/井筒組が圧倒的な走りで見事優勝。
HONDAは鈴鹿8時間耐久ロードレースで前人未踏の8連覇を達成した。 

 

 

 

 

55_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

58_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

61_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

64_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

67_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

70_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

73_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

76_2004_cbr1000rrw_7_tohru_ukawa_hitoyasu_izutsu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"SUZUKA 8HOURS ENDURANCE ROAD RACE"

 

2013年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 画像集

 

”鈴鹿8耐への挑戦” HONDA耐久レーサーの進化を画像で追ってみました

 

 

 

2011 HONDA CBR1000RR K.Akiyoshi / R.Kiyonari / S.Itoh  秋吉耕佑 / 清成龍一 / 伊藤真一

2010 HONDA CBR1000RR R.Kiyonari / T.Nakagami / T.takahashi  清成龍一 / 中上貴昌 / 高橋巧

2010 KAWASAKI ZX-10R T.Serizawa/Y.Konno/S.Takeishi  武石伸也 / 芹沢太麻樹 / 今野由寛

2009 SUZUKI GSX-R1000 D.Sakai / K.Tokudome / N.aoki  酒井大作 / 徳留和樹 / 青木宣篤

2008 HONDA CBR1000RRW Ryuichi Kiyonari / Carlos Checa  清成龍一 / カルロス・チェカ

2007 SUZUKI GSX-R1000 Yukio Kagayama / Kousuke Akiyoshi  加賀山就臣 / 秋吉耕佑

2006 HONDA CBR1000RR Takeshi Tsujimura / Shinichi Itoh  辻村猛 / 伊藤真一

2005 HONDA CBR1000RRW Tohru Ukawa / Ryuichi Kiyonari  宇川徹 / 清成龍一

2004 HONDA CBR1000RRW Tohru Ukawa / Hitoyasu Izutsu 宇川徹 / 井筒仁康

1993 HONDA RVF750 Eddie Lawson / Satoshi Tsujimoto  エディ・ローソン / 辻本聡

1992 HONDA RVF750 Wayne Gardner / Daryl Beattie  ワイン・ガードナー / ダリル・ビーティー

1991 HONDA RVF750 Wayne Gardner / Mick Doohan  ワイン・ガードナー / ミック・ドゥーハン

1990 YAMAHA YZF750 (OWB7) Tadahiko Taira / Eddie Lawson  平忠彦 / エディー・ローソン

1987 YAMAHA YZF750 (OW89) Kevin Magee / Martin Wimmer  ケビン・マギー / マーチン・ウイマー

1985 YAMAHA FZR750 (OW74) Kenny Roberts / Tadahiko Taira   ケニー・ロバーツ / 平忠彦

 

 

 

 

 

 

 

 

___________________________________________________________________________________________________________________________________

 

 

 

80年代以降のモーターサイクルレーサーの画像を年代ごとに並べてみました。

 

8901 (150x114) 1992 (150x113) 8834 (150x110) zx_rr (150x110)

"Motorcycle racers" Photograph album

 

 

 

___________________________________________________________________________________________________________________________________

 

 

 

 

« 2012 ZX-10R #01 芹沢 太麻樹 | トップページ | 2010 YZR-M1(OWS9) #46 バレンティーノ・ロッシ »

鈴鹿8耐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561024/55067160

この記事へのトラックバック一覧です: 2004 CBR1000RRW #7 宇川徹/井筒仁康:

« 2012 ZX-10R #01 芹沢 太麻樹 | トップページ | 2010 YZR-M1(OWS9) #46 バレンティーノ・ロッシ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ